2015年05月12日

火災受信機の移設工事

依頼内容---火災受信機の移設工事【P型2級5回線】
現場---東京都品川区某所

クライアント様から火災受信機の場所を変更したいと依頼があり作業が完了しました。
休日になると鍵をかけてしまう居室に設置されていて
24時間操作できるように共用部に移動したいということです。
共用部に移設すればいつ誤作動でベルが鳴動しても操作できますからね。

管轄する消防署へ内容の説明と確認の打ち合わせをし特に問題がなく
OKをいただきました。

工事の流れ

■火災受信機を移設先の配線
■【新規設置場所〜総合盤間 HP0.9×14】
■【新規設置場所〜ブレーカー間 Fケーブル 1.6×3】
■火災受信機のブレーカーをオフ
■火災受信機を外す
■火災受信機の電源配線をを処理
■各階の総合盤の配線を切り離す
■火災受信機を移設先に設置
■各箇所の配線の組み換え
■作動試験
■絶縁試験

作業はバッチリ完了しました。

text3369.png


作業中のご協力ありがとうございました。






posted by showbou at 20:14 | Comment(0) | 自動火災報知設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。