2016年03月07日

屋内消火栓移設工事

屋内消火栓移設工事

数ヶ月前に屋内消火栓を移設したいとご連絡をいただき
ようやく完成しました。

消火栓の移設工事は管轄消防署へ着工届(設計書)の提出が必要になります。
※着工届は工事10日前までに提出する必要があります

消火栓は大きく分け1号消火栓と2号消火栓があり
今回の工事は1号消火栓のため
1. 水平距離を25mですっぽり包含できること(出来なければ消火栓を増設)
2. ホースが一番遠い場所まで30m+7m(放水距離)で届くこと

簡単にいえばこの2つをクリアしていればOKです。

今回はゆうゆう消火栓1基で足りました


今回の作業の流れ

1、 屋内消火栓配管内の水を抜く
  【屋上の高架水槽バルブを閉止し、工事する消火栓配管から水を抜く】

2、 自動火災報知設備の配線を切断
  
3、 配管を撤去し、移設先まで配管をもり替える

4、 消火栓ボックスを移設先へ

5、 自動火災報知設備配線を延長し消火栓ボックス内で再接続する

6、 接続後試験を総合的な試験をする



IMG_3176.JPG

まず本体から幹線を切り配線がわからなくならないように
あみそ組という処置をします。あみそは配線に順番をつけ編む
ことで、後でどの線かわから書くならないようにします。

念の為にさらにビニールテープでC、やLと書き込みます。
ここまですれば間違えることがほぼなくなります。

IMG_3180.JPG

配管を抜き、配線をすべて切り離した状態
これで消火栓を動かすことができます。

IMG_3183.JPG
工事完了後

その後各種試験を実施問題なく無事完了、
管轄消防署へ設置届を提出いたしました。



posted by showbou at 17:15 | Comment(0) | 消火設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。