2016年06月23日

火災受信機の基盤交換 

火災受信機基盤交換
現場:埼玉県朝霞市

今回は賃貸マンションの火災受信機基盤交換です。

ある日火災ベルが突然鳴り出しました!
オーナーさんから調査依頼があり
早速現場へ急行しました!

特に以上はみられません。

テスターで端子をひとつずつチェックし
原因がわかかりました。

基板内で端子がショートしていました。

IMG_4156.JPG

火災受信機はエントランスホールに設置してあり
湿気などがたまりやすいので設置条件が悪ければ
故障してしまします。

まるまる火災受信機を交換すると高くつくので
メーカーさん【能美防災さん】に基盤の在庫を確認し
運良く手に入れることができました。


IMG_4138.JPG

交換の手順は

1 電源を切る バッテリーを外す 

2 アミソを組み複数ある配線がわからなくならないようにする

3 配線を外す 

 配線は端子台から抜いてしまうのではなく、端子台より何センチか残し切る。
 理由は、配線が行方不明になっても端子に配線の切れ端が残ってれば復帰しやすい。

4 基盤を本体から外し新品に交換する

5 新規基盤に配線を差し込む

5 試験をする

ザックリこんな具合で進めていきます。



基盤交換のみで済んだので受信機リニューアルより半値ですみ
オーナーから感謝していただきました!

ありがとうございました!



posted by showbou at 21:04 | Comment(0) | 自動火災報知設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。