2016年06月28日

火災受信機の交換

火災受信機の交換【P型2級5回線】
現場:東京都豊島区

経年劣化のため火災受信機の交換依頼です。

もともとが能美防災製の火災受信機なので
能美防災製の火災受信機を使用します。


image4144.png

火災受信機は設置条件が良ければ
長期間使用することが可能です 【壊れにくい】

今回の受信機はバッテリーが充電されず、
各種ディップスイッチが固着していました。

今回の工事手順

1、 火災受信機のブレーカーを切る

2、 各種にアミソを組み迷子にならないようにする

3、 配線を外す

4、 火災受信機を外し新しい受信機を設置する

5、 配線を入れ込む

6、 電源を入れ各種試験をする

7、 完成!



IMG_4931.JPG



アミソ【黄色の線】 端子には配線を残しておく


IMG_4929.JPG


元ある線がわからなくならないように順番に編みこんでいく

IMG_4937.JPG

新しい受信機に線を入れ込む【アミソはつけたまま】

IMG_4938.JPG

電源ON

IMG_4961.JPG

完成!


表示の窓には警戒する場所を記載し、警戒区域図の設置を忘れずに!




posted by showbou at 18:43 | Comment(1) | 自動火災報知設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
消防設備点検を始めた初心者ですが、yahoo知恵袋で質問しているのですが
能美の受信機のメンテナンスモードに入るための↓

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10182638530

詳しい説明をお願いできますでしょうか?

他のメーカーにも同じことが言えると思いますので他メーカーのメンテナンスモードに入る方法
教えてください。


Posted by 山梨 太郎 at 2017年11月28日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。