2017年01月19日

漏電火災警報器の交換工事

漏電火災警報器の交換工事
現場:東京都中野区

依頼があった中野区は木造アパートが
密集していて漏電火災警報器が設置されている
物件をよく見ます。

そんな中野区物件の漏電火災警報器
交換依頼がありました。

経年劣化どころではなく作動していませんでした。

IMG_0265.JPG


漏電火災警報器はラスモルタル造の建築物に
設置が必用になります。

東京電力社からの引き込み配線に
変流器という機械を挟み込み変流器から
漏電受信機まで配線し接続します。



IMG_0270.JPG

IMG_0276.JPG


今回は隣接しているアパートの分と2台交換しました。

よくある勘違いですが
自動火災警報設備を設置していれば漏電火災警報器が不要になるという
噂を耳にしますが、設備の警戒目的が全く違うためどちらの設置も必用です。


posted by showbou at 19:15 | Comment(0) | その他消防設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。