2017年01月24日

スプリンクラー工事

スプリンクラー工事
現場:東京都某所

スプリンクラー設備は比較的大きな物件に装備されているので
小規模、中規模ビルを専門としている弊社は年間で数えるくらい
しか実施しませんが今回はフル設備で受注したので頑張って
仕上げてきました。


IMG_5624.JPG
配管の継ぎ足しをするために水を抜く作業

スプリンクラー用配管には常に水が充満しています。
配管の盛替えやフレキチューブの取付は全ての水を
一旦抜き取り配管をカラにしてから施工していきます。


どのように水を抜くかというと
各階に設置しているアラーム弁という
バルブを操作することで水を抜くことができます。

image4166.png

今回の場合は黒いバルブを締め切り
緑のバルブを開放することで配管内の水を
抜くことができます。

黒いバルブを締めることでスプリンクラーポンプから
加圧される水をスプリンクラー配管に流れ込まないように
ブロックします。

次に緑のバルブを開放することでスプリンクラー配管の
水を抜きます。

spzu.png

水を抜いたら配管、フレキチューブを取り付けていきます。


IMG_5627.JPG

IMG_5628.JPG

フレキにの先端にスプリンクラーヘッドを取付ます。
赤キャップ・・・・72℃
黄キャップ・・・・96℃

色で作動温度が異なります。
通常の施設では72℃のスプリンクラーヘッドを使用しますが
厨房等の高温になることが予想される場所では
96℃のスプリンクラーヘッドを使用します。
※サウナ等は139℃のヘッドを使用します

IMG_5630.JPG


配管にスプリンクラーヘッドを取り付けたフレキチューブを取り付けます。

消防法では配管の太さにより設置できるスプリンクラーヘッドの数が
決められているのでしっかりと設計した上で配置していくことが
必要になります。

設置可能のスプリンクラーヘッド数【80リットル/分のヘッドの場合】
25A・・・2個まで
32A・・・3個まで
40A・・・5個まで
50A・・・10個まで
65A・・・20個まで
80A・・・21個以上

上記の数を平面図で落とし込んでいくのですが
現場の配管で合わせていくと意外と難しかったりします。
現状の配管では賄えない場合は80A等の太い配管に穴を開け
基準を超えないように施工します。

IMG_5850.JPG
IMG_5851.JPG

天井にボードを張り塗装前の状態。
スプリンクラーヘッドが衝撃ではじけると、大洪水になるので
工事が完成するまでは赤や黄色いキャップで保護します。

IMG_5895.jpg

完成後キャップを外します。
塗装後完成するとこのように仕上がります。





posted by showbou at 18:47 | Comment(0) | 消火設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。