2018年08月23日

ネズミにやられた配線

弊社の管理物件で度々火災発報があり調査しました。
弊社で自動火災報知設備を設置したわけではないので
配線ルートは不明ですが、1から調査することに。

誤作動でとくあることといえば

煙感知器 ・エアコンから飛んできたホコリが入った
     ・タバコを吸った【最近ではあまりない】
     ・水漏れで感知器内の端子間がショート

熱感知器 ・ぶつけた
     ・リーク孔つまり【差動式】
     ・水漏れで感知器の端子間がショート
     
といったところでしょうか。
今回の調査では上に書いた項目にあてはまるような
ことはなかったため配線をチェックすることになりました。

まず、総合盤を開けてみると、、、

IMG_0472.JPG

IMG_0475.JPG

はい、いきなりビンゴでした

配線の被覆が完全に剥がれていました。
発報原因はネズミにかじられたことでショートし
度々発報していたのです。

施工者の方はおわかりいただけると思いますが
HP0.9の2Pを幹線として使用していました。
これをHPの5Pや10Pを使用していた場合は
配線の被覆の内側にアルミの紙が挟まっているので
ここまでの状態にはならなかったかもしれません。

付いている感知器を外し配線を引き出してみると

IMG_0468.JPG

天井内の配線もズタボロになっていました。
完全に配線はアウトです。
すべて引き換えるしかありません。

ついでに、表示灯がつかないという症状があり
並行して調べていたらヒューズが落ちていました。

IMG_0484.JPG

表示灯回路の幹線がショートしているので
各々配線を絶縁して復旧させました。



フロア配線についてはまた別の機会に書こうと思います。



posted by showbou at 17:21 | Comment(0) | 自動火災報知設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。