2018年09月01日

エレベーターの竪穴区画と防火設備について

今回はエレベーター前の防火区画について書いていきます。


エレベーターシャフトは縦の空間のため火災が起こった
場合、この縦穴を伝わって上の階に燃え広がってしまい
ます。 縦穴の場合は上昇気流で火や煙の広がるスピードが
早く上階の避難に支障が出てしまいます。
そこでエレベーターには火、煙を外から入れない、
又は外へ出さないような措置が必要とされています。

※階段も縦穴区画なので基本同じ考え方です

IMG_0834.jpeg
【特定防火設備認定を受けているエレベータ】

エレベーターの扉が防火設備となってる場合はエレベータ
の扉部分に表示があります。
画像を見ると国土交通大臣認定と書いてあります。

画像のエレベーターは遮煙性能を有する特定防火設備の
ため、前室を設けて防火区画を作ったり、エレベータ前に
防火扉を設置する必要がありません。


IMG_1097.jpeg
【特定防火設備認定を受けていないエレベータ】

防火設備として認定を受けていない場合のエレベータの
場合には、エレベータ前に防火設備が付いていたりする
ことがあります。この防火設備は近くに設置されている
煙感知器と連動する方法で防火扉が自動閉鎖されます。


防火遮煙性能がないエレベーターで、防火扉も設置
されていない場合、エレベータホールや前室があり、
そのもの自体が防火区画になっています。

煙に巻かれると避難が著しく困難になるため
エレベーター区画にはこのような決め事があるのです。

竪穴区画


posted by showbou at 14:14 | Comment(0) | 防火設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。