2018年09月01日

エレベーターの竪穴区画と防火設備について

今回はエレベーター前の防火区画について書いていきます。


エレベーターシャフトは縦の空間のため火災が起こった
場合、この縦穴を伝わって上の階に燃え広がってしまい
ます。 縦穴の場合は上昇気流で火や煙の広がるスピードが
早く上階の避難に支障が出てしまいます。
そこでエレベーターには火、煙を外から入れない、
又は外へ出さないような措置が必要とされています。

※階段も縦穴区画なので基本同じ考え方です

IMG_0834.jpeg
【特定防火設備認定を受けているエレベータ】

エレベーターの扉が防火設備となってる場合はエレベータ
の扉部分に表示があります。
画像を見ると国土交通大臣認定と書いてあります。

画像のエレベーターは遮煙性能を有する特定防火設備の
ため、前室を設けて防火区画を作ったり、エレベータ前に
防火扉を設置する必要がありません。


IMG_1097.jpeg
【特定防火設備認定を受けていないエレベータ】

防火設備として認定を受けていない場合のエレベータの
場合には、エレベータ前に防火設備が付いていたりする
ことがあります。この防火設備は近くに設置されている
煙感知器と連動する方法で防火扉が自動閉鎖されます。


防火遮煙性能がないエレベーターで、防火扉も設置
されていない場合、エレベータホールや前室があり、
そのもの自体が防火区画になっています。

煙に巻かれると避難が著しく困難になるため
エレベーター区画にはこのような決め事があるのです。

竪穴区画


posted by showbou at 14:14 | Comment(0) | 防火設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月27日

防火シャッターのメンテナンス 【光電式 2信号式】

防火シャッターの作動試験 【竪穴区画用】
現場:東京都渋谷区

先日改装工事を実施した際
防火シャッター周りの設備をいじったため
念のため防火シャッターの作動試験をおこなった。

IMG_5329 (1).JPG

そもそも防火シャッターとは何かというと
建物には一定の基準の条件で防火区画を
形成することになっている。
防火区画とは隣接する区画へ火や煙が入らないように
耐火性能を有した壁、床、天井、扉などで囲われている空間をいう。

防火区画の種類

大きくわけると
■面積区画
■竪穴区画
■異種用途区画   である。

壁で区画を作ってあればいいのだが
通路とか吹き抜け階段とかに壁を作ってしまったら
人が行き来出来ず使用不能である。

そこで通常時はオープンにしておいて
火災時に自動的に区画を形成されるような
仕組みが防火設備である防火シャッターや
防火扉である。

IMG_5339.JPG

これは煙感知器で煙を感知すると火災受信機に
信号を送るセンサー。

センサーは使用用途に応じて仕様が決まっていて
火災信号用の煙感知器 【光電式スポット型2種】
防火設備用の煙感知器 【光電式スポット型3種】
写真の感知器は2種と3種が一体化した2信号式である。

2種と3種は感度が違い2種よりも3種の方が
煙による反応が鈍くなっている。

煙が出るとまず火災信号を出し館内に火災を
知らせるベルを鳴らす。
煙の濃度が濃くなると防火設備の信号を出し
シャッターや防火戸が作動する、


IMG_5342 (1).JPG


煙をキャッチすると火災信号用のLEDが光る。
この状態で火災受信機【システムを制御している装置】へ
信号が送られ館内に火災を知らせるベルやサイレンがなる。

IMG_5340 (1).JPG

下の防火設備用のLEDが点灯すると今度は防火設備が作動する。
この状態で防火設備が作動する。

IMG_5328.JPG


防火シャッターが作動した状態。

写真の上部に基盤のついた制御盤がある。
これは防火シャッターは降下時に人やものが挟まると
防火シャッターの重みで挟まれて危険であるため
障害物を察知し降下をストップさせる機能がついている。


今回の防火設備は竪穴区画を形成する防火設備で
他階から出た火や煙が階段室内【竪穴区画】で留められる
ように作られた防火区画である。




posted by showbou at 16:38 | Comment(0) | 防火設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月09日

防火戸ラッチ交換

依頼内容---劣化した防火戸用ラッチの交換
建物用途---老人福祉施設

階段室のような竪穴区画に面する扉は防火性能を
有しているものでなけでばなりません。
そのため防火扉や防火シャッターを設置します。

防火扉は原則扉が閉まっている状態で使用します【常閉】
閉まっている状態だと建物の使用勝手が悪くなる場合があるので
この場合には通常時に開いていて火災時に閉まるような
しくみで設置することができます。

ラッチ.png

ラッチは防火扉につけたフックを引かっけ扉を開けっ放しにします。
階段に設置してある煙感知器【光電式スポット3種】が作動した時に
ラッチが開きフックを開放します。その後扉が自重により締まります。

火災による煙が発生
煙感知器が作動
連動制御盤からラッチへ信号を発信
ラッチが開放
扉が自重により締る

防火戸作動の有無が生存を大きく左右させます。
確実に作動するように点検、整備が必須になります。
ラベル:防排煙設備
posted by showbou at 11:08 | Comment(0) | 防火設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。